ARTINA【アルティナ】

アルティナについて一覧

アルティナ よくあるお問い合わせ

皆様から頂戴するご質問をまとめました。ご購入の際のご参考にして下さい。



本革シート車には、弊社の全てのシリーズで「装着不可」となります。
理由はサイズや構造的に装着できない場合(カバーがかぶらない、固定できない)以外に本革へのダメージ(しわが残る、カビが発生する可能性がある)が考えられるからです。 
ご注意ください。

説明書を参考にしながら取り付ければ可能です。
ただ弊社のシートカバーはフィッティングを重視して製作しております。そのため十分な力と調整が必要となります。
そのため一度に集中的に力をかけてしまったり、生地の端を引っ張り過ぎると、破損しやすいのでご注意下さい。
ヘッドレストやアームレストにかぶせる際、カバーの入り口が狭いので、シート本体を凹ませる等して、生地に負担をかけないようお願いします。
2名以上で行うとかなり楽になります ※付属のスパチュラ(へら)を使うと便利です。

注意1)カバーを外して純正シートに戻す場合、シート本体にシワが残る場合があります。予めご了承下さい。
注意2)装着後のフィッティングを追求しているため、カバーをかぶせる際、シート本体やヘッドレスト、アームレスト等を強く圧縮しながら装着する場合があります。場合によっては跡が残る可能性があります。予めご了承下さい。

>> 取り付け動画を見る

車種やグレード(アームレスト設定有り無し共用の場合等)によっては、ヘッドレストの台座の穴やアームレストの軸の穴をカバーに現車合わせで開けていただく場合があります。
(コンビニフックは、ほとんどの車種で穴開け加工が必要です。)
コツは、開ける位置をペンなどで印を付けて、最初から大きな穴や切り込みを開けずに、少しずつ調整しながら広げていけば、広げ過ぎることはなくなります。 また開けてしまった後に、カバーをずらすことが出来くなりますので、カバーを所定の位置にきちんとかぶせ終えてから行って下さい。

梱包パッケージのサイズ上、カバーはかなり圧縮されているため、折りじわはどうしても入ってしまうことがありますが、基本的には取り付けをすることで解消します。 独特の匂いは、シートカバーの生地を製造する際に使用された原料の匂いですので、カバーを装着後、2〜3週間で無くなります(揮発性のため)。
季節や使用状況により、取り付け後10日ほどかかる場合もございますが、シワが深い場合、まれに跡が残る場合もございます。予めご了承下さい。

アルティナシートカバーは、各メーカーの純正SRSサイドエアバッグ付きシートにも装着が可能です。
1列目背もたれの両横部分とSRSサイドエアバッグ開閉部分に、サイドエアバッグ対応用の縫製及び縫製糸を使用しており、エアバッグ作動時には、安全を損なわないよう設計されています。
その部分は、他の部分に比べ縫製糸が切れやすくなっていますので取り付け時には過度の力がかからないようにご注意ください。
またシートカバーを正しく取り付けいただけていない場合は、衝突したときなどにサイドエアバッグが正常に作動せず重大な障害に及ぶか、最悪の場合死亡につながる恐れがあり危険ですのでご注意下さい

<ご注意!>
※SRSサイドエアバッグのシートカバー対応基準について 現在サイドエアバッグについては公的な安全規格がないため、日本自動車研究所にて試験を実施した結果に基づいての規格となります。
※当社のサイドエアバッグ対応について、あくまでも補助機能としてのものであり、サイドエアバッグの機能を保障するものではありません。
車両やカバーの個体差、作動状況等により、サイドエアバッグが想定通りに作動がしない可能性もあり得ます。ただしサイドエアバッグに付随する事故等の責任は一切負えません。予めご了承下さいませ。

>> エアバッグへの取り組みはこちら

カバーをかぶせる際、アームレストを外したり、ヘッドレスト取り付け穴を開けたり、工具が必要な場合がございます。
ソケットレンチやカッター、ドライバー等工具は付属しておりませんので、予めご了承下さい。 ※スパチュラ(ヘラ)は付属しています。

スパチュライメージ

もちろん承っております。単品パーツ販売を行っておりますので、必要なパーツのみご購入頂けます。 http://kspec.jp/artina_jp/repair/

ただ予告なくデザインの変更や取り付け方法等の仕様変更、生地変更(風合いや色合い)が変わっている可能性がございます。廃盤になったもの、仕様変更以前のパーツはお作りすることが出来ませんので、予めご了承下さい。

PVCレザーの場合、やわらかい布で乾拭きをして下さい。
それでも汚れが落ちない時は、水で薄めた『中性洗剤』を少し塗らした布に取り、水拭きしてから乾いた布で軽く拭き上げます。

本革の場合、やわらかい布でやさしく拭き掃除をするか、『本革専用クリーナー』をご使用下さい。
クリーナーは直接吹き付けず、布等につけてからご使用ください。(クリーナーの説明書に従いながら)
また使う前に必ず目立たない部分で試し拭きをして下さい。万が一変色したり風合いが変化してしまうと、元通りには戻りません。
※本革は非常にデリケートな素材ですので、熱や水分に弱く、染みや変色の原因になります。そのため水やジュースをこぼした場合、すぐに拭き取り、お手入れを行って下さい。

<注意!>
石油系溶剤のクリーナーは、カバーの脱色や傷みの原因となりますので、絶対に使用しないで下さい。

カバーという商品の構造から、車種や場所によって、コンビニフックが使用できなくなる(加工で使用できる場はあります。)、動作がにぶくなるためサポートが必要になる、格納式アームレスト等の収まりが悪くなる(浮く)、床下格納式シートが、生地の厚み分若干浮く、等の現象が、起こるケースがあります。

当社シートカバーはフィッティングを重視して設計しております。そのためシート表皮の種類や使用期間によっても異なりますが、型だけでなくシワや傷が付く場合があります。
当社のシートカバーの装着に起因するダメージに対して、当社は一切の補償はいたしませんので、あらかじめご了承の上ご使用ください。(ダメージの例:座席に生じた傷、やぶれ、摩耗、シワ、ヘコミ、変型、変色、化学変化など)

ご自分のお車のグレードが分からない場合は、車検証をご用意いただき、お車を買ったディラーまたはメーカーに問い合わせて確認を取ってください。
(ほとんどの場合、車検証に記載された車体番号から検索出来ます。)

レザーに防水加工はしていませんが、PVCレザーはその性質上、水をはじきます。 すぐに乾いたタオル等で拭き取ればシートへの侵入を防ぐことができます。 ただシートカバーの縫い目からは、しみ込む場合があります。難燃加工については、スタンダードシートカバー以上のシリーズでは(本革生地やスエード生地部分、製造時期の古い商品は除く)難燃素材を使用し、かつ日本の第3者機関にて「自動車内装素材の難燃性試験」をクリアしております。

車種別に専用設計していますので、既製品でありながらナチュラルな仕上がりをコンセプトに製作しています。ただ張替えではないので、カバーの性質上、シート形状によって密着しづらく浮きが生じることがあります。また取り付けの仕方や馴染んでいない状態で仕上がりが異なりますので、予めご了承下さい。
 装着写真ギャラリーをご参照ください。→http://www.kspec.jp/artina_jp/gallery/

<ポイント>
 ・人が座ることで、体温や加重により馴染みが促進します。
 ・気温が低い時期はカバーの生地が伸びにくいため、装着前に暖かい部屋に広げて、カバーを伸ばすと装着時の破れ防止や馴染みやすさに効果があります。
 ・装着後しばらくして、もう一度引っ張る等の微調整すると、さらにタイトになり、フィッティングが向上します。

原則として型をもっていない車種については製作不可とさせていただいております。ただ必要な車種であれば、ご相談に応じてお作りする場合があります。お気軽にお問い合わせください。

PVCレザーという性質上、止むを得ない現象ですが、布製の座布団等を敷くと緩和されます。
また冬場は、弊社のシートヒーターを活用されますと快適にお過ごしいただけます。

>> 商品ページを見る

シリーズや入荷状況により差がありますが、基本的には1.5〜2.5ヶ月ほどお時間をいただいております。
ただ年末年始〜2月末までは、製造元の長期連休のため、3〜3.5ヶ月ほどお時間をいただく場合がございます。
あらかじめご了承下さい

購入してから1年以内に、故意ではない通常使用における生地の破れや糸切れが生じた場合、原則無償対応させていただきます。
1年を越える場合は、いかなる場合でも無償保証の対象外となります。

ただ製品の装着時期や生地の生産時期による色味や風合いの違いが生じる場合や、予告なくデザインの変更や取り付け方法等の仕様変更がなされる可能性がございます。 仕様変更前の商品はお作りすることが出来ませんので、ご注文の際にお問い合わせ下さい。

生地のやわらかさを保つために不可欠な物質が、特に夏場の熱せられた車内で揮発し、ガラス面を白くくもらせる現象が起きることがあります。
特にフロントウインドウが大きく傾斜のある車種は、構造上付着しやすい傾向があります。
その場合早めにガラスクリーナー等のケミカル剤で、しっかりと拭き落としてください。(夜間、対向車のライトがまぶしく感じられたりと運転がしづらくなる可能性があります。)
運転に支障が出る恐れがある場合は、必ず速やかに外して下さい。

素材の性質上、1〜2cm程度縮んでしまいますが、マジックテープで押さえておくと、縮みにくくなります。
これにより、型崩れを防止し、長くご利用出来るようになります。

素材の性質上、1〜2cm程度縮んでしまうため、その分の考慮してサイズを大きめのしています。

カーテンレールをしっかり固定して下さい。固定の際の注意点は以下の通りです。

・カーテンレールを車体側に仮合わせして、レールのカーブをやさしく微調整する。
(アルミ素材ですので、力をかけ過ぎないように)
・しっかり脱脂を行う。
・マジックテープあるいはビスで固定する。
(ビスを回し過ぎると、車体側のビス穴やレールを傷め、固定出来なくなる恐れがあります。)

カーテン生地を上下のレールでテンション(引っ張り)をかけて機能性とデザイン性を両立しています。
そのため、レールの固定が甘かったり、夏場の車内で粘着テープの粘着力が低下した場合はレールが浮く可能性があります。
カーテン開閉時は、レールに負担をかけないよう静かにお願いします。

お客様の注文間違いによる返品交換は、商品到着後1週間以内とさせていただいております。ただし未使用であること、受注生産品(オーダーメイド商品)でないことが条件となります。
  ※未使用品の場合でも、パッケージ代と送料分をご負担いただきます。

お客様都合のキャンセルは、在庫商品で出荷前の商品以外、原則不可となります。
受注生産品(オーダーメイド商品)は、裁断等が始まってしまいますと途中で製作を止めることが出来ません。ご注意下さい。

取り付け前に、ご注文された商品と違う、または傷や損傷のある不良品であることが確認された場合は、購入店までご連絡下さい。
(取り付け後でも商品の仕様違いや初期不良は、交換の対象となります。)
在庫がある場合は速やかに交換致します。ただし受注生産品の場合、申し訳有りませんが2週間程度お時間を頂く場合があります。

取り色のイメージや雰囲気の違いについては、返品交換の対象にはなりません。生地の見え方は見る環境や印刷により異なります。
在庫商品に関しては、未使用品に関してのみ、返品交換させていただく場合がございますが、送料やパッケージ費用が発生いたします。

いかなる場合でも商品代金、送料を保証の上限とし、それ以外の保証は出来ません。予めご了承下さい。
商品交換の取り付け(取り外し)の工賃や交通費につきましても一切の責任を負わないものとします。
取り付け時(取り外し時)及び使用時に起きた車両への損傷や不具合、人体への怪我等について当社では一切責任を負えません。

はい、様々なニーズにお応えするため、あるいは制作上の理由等で既存のデザインや仕様を予告なく変更させていただくことはあります。

スタンダード(セブン)シートカバーの場合、カテゴリーや特定の車種によってデザインのタイプが分かれます。
http://kspec.jp/artina_jp/catalog/seatcover/standard/
 またスタンダード以外のシリーズでも、基本のデザインに車種ごとの純正シートのラインを活かしたアレンジを加えて、フィッティングを損なわないよう仕上げています。  ※装着写真ギャラリーをご覧下さい
http://kspec.jp/artina_jp/gallery/

使用状況や環境にも因りますが、紫外線や摩擦等の影響で、生地や糸の色の減退が起こることがあります。
特に赤系の生地や糸にその傾向が見られます(具体的には次第に色が薄くなる感じ)。

はい、状況によっては調整は必要です。
例えば座ったり体重をかけたことで本来の位置からずれることがあるためその都度微調整をお願いしています。(特に運転席)
ずれたまま使い続けると、折れじわやカバーの緩み等の原因になります。

トヨタ車に関して原則固定式フック、回転ノブ式ストッパーなど純正の固定方式に対応しています。
トヨタ車以外は固定用金具は付属しておらず、純正フックがある前提の固定方法や固定方法の変更(マジックテープ式)で対応しております。
※純正フックを外して固定する場合もありますので、詳しくはご注文時にお問い合わせください。

当社のフロアマットは、純正ベースではなく、オリジナルの型となります。(そのため固定方法も含め、必ずしも純正と一致はしません。)